xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 毛髪について:髪の毛のつくり (円形脱毛症:怒涛の治療記録)

Top >  円形脱毛症とは >  毛髪について:髪の毛のつくり

スポンサードリンク

毛髪について:髪の毛のつくり

円形脱毛症の治療と向き合ううえで、髪についての基礎知識を知っておくことは色々と役に立ちます。
髪の毛は三層構造になっていて、その中心は毛髄質とよばれる、髪の毛の芯の役割を果たしている部分があります。
髪の毛の色や質を決定するうえで重要な部分であり、また水分量や弾力など左右する組織が毛皮質です。これは、その毛髄質のまわりにあります。
髪の毛の構造の一番外側、つまり髪の毛の表面は毛表皮といい、いわゆるキューティクルと呼ばれているものです。髪の毛の手触りやつや、髪の毛の柔らかさや太さなどを決定する部分です。
髪の毛が伸びる早さは、遅い人で1日0.25ミリメートル、早い人だと0.35ミリメートル伸びるといわれています。もちろん個人差がありますが。
60センチメートルぐらいの長さの髪の毛になると、髪の毛自体の寿命を迎え、70センチメートル程伸びれば髪の毛の成長サイクルの終焉といえるでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 円形脱毛症の治療薬:飲み薬について  |  トップページ  |  次の記事 毛髪について:髪の毛のサイクル  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症:怒涛の治療記録」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

Sitemap