xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 毛髪について:ヘアサイクル (円形脱毛症:怒涛の治療記録)

Top >  円形脱毛症とは >  毛髪について:ヘアサイクル

スポンサードリンク

毛髪について:ヘアサイクル

毛母細胞は、頭皮にあり髪の毛を作っています。髪の毛のサイクルは通常、成長期→退行期→休止期を経て抜け落ちるを繰り返しています。
毛母細胞は成長期には髪の毛を作り、それは約2~5年間ほど続きます。その後毛母細胞が衰えてきて、その活動が弱まると髪の毛の成分が作られなくなります。これが退行期です。
退行期はだいたい2週間ほど続き、やがて休止期を迎えます。休止期に入ると毛母細胞の活動は完全に停止し、その後約3ヶ月で髪の毛は自然に抜け落ちてしまいます。
毛母細胞は髪の毛が抜けたあと、しばらく休止したのち再び髪の毛を作り始めます。頭髪の約1割は休止期の状態にあると言われます。
それぞれ違ったタイミングで、一本一本の髪の毛がこのサイクルを繰り返しているので、髪の毛が抜けてもまた生えてくるといった現象が見られるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 毛髪について:抜け毛があるとは  |  トップページ  |  次の記事 毛髪について:抜け毛とは  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症:怒涛の治療記録」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

Sitemap