xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 円形脱毛症患者の悩み7 (円形脱毛症:怒涛の治療記録)

Top >  円形脱毛症の原因と治療 >  円形脱毛症患者の悩み7

スポンサードリンク

円形脱毛症患者の悩み7

円形脱毛症のさびしい話
ある時、私が密かに好きだった人と、ちょっとでも話ができたらと思い、彼女の仕事が終わるのを職場の外で待っていたことがありました。
(少しストーカー入ってますか?・・・汗)

私はバイクに乗っていまして、その時はバイクにまたがったまま外でおりました。冬場でもあり、寒さしのぎのつもりでヘルメットをずっと被ったままでした。
しばらくして彼女が建物から出てきたので、私はヘルメットを脱いで、帽子を被って彼女の前に出ようとしたところ‥あるはずの帽子が無いことに気付きました。

どうも、どこかで落としてしまったみたいなのです。
帽子が無ければ好きな女性の前にも出られない‥そんな悲しい存在の私は、彼女に気づかれないように少し離れた場所から彼女の姿を見送っていました。
円形脱毛症などという病気を患っている自分と、肝心なときに帽子を落としてしまった自分のドジさ加減を呪いながら・・・。

スポンサードリンク

 <  前の記事 円形脱毛症患者の悩み6  |  トップページ  |  次の記事 円形脱毛症患者の悩み8  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症:怒涛の治療記録」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

Sitemap