xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 円形脱毛症患者の悩み8 (円形脱毛症:怒涛の治療記録)

Top >  円形脱毛症の原因と治療 >  円形脱毛症患者の悩み8

スポンサードリンク

円形脱毛症患者の悩み8

円形脱毛症を患ったがため、帽子が身体の一部となっていた私にとって、冠婚葬祭の類は、非常に憂鬱な場面でした。

結婚式の誘いなどは、なるべく断ることができますが、お葬式などはそうもいきません。そしてまた、意外にあなどれないのが「法事」です。
法事の場合、ある時突然「○月○日、法事だよ」と家族から宣告されます。
法事と言えば、お寺でお経を聞いたり、焼香したり、その他諸々、あらゆるシーンで脱帽しなければならない場合が多いのです。

それでも法事などは、まだ家族や親類縁者しかいないため、比較的、気が楽なのですが、それでも、従兄弟の前で自分の円形脱毛症っぷりを晒すのは、出来れば避けたいというのが円形脱毛症を患った私の本音です。

なんで、私の髪の毛は簡単に、しかもイビツで不細工に抜け落ちるのだろうと、口惜しくてくやしくて眠れない夜が何度もありました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 円形脱毛症患者の悩み7  |  トップページ  |  次の記事 円形脱毛症患者の悩み9  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症:怒涛の治療記録」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

Sitemap