xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 円形脱毛症の治療で町の皮膚科へ行く話2 (円形脱毛症:怒涛の治療記録)

Top >  円形脱毛症の治療を考える >  円形脱毛症の治療で町の皮膚科へ行く話2

スポンサードリンク

円形脱毛症の治療で町の皮膚科へ行く話2

円形脱毛症患者の気持ちは、やはり円形脱毛症患者にしかわからない・・・とヒシヒシと感じたのは、その小さな病院に行ったときです。
頭に注射を打つのをためらう先生が、なぜ、そんなに注射をためらうのかよく理由がわからなかったのでした。
円形脱毛症で、死ぬか生きるかほど悩んでる人間にすれば、それでこの10円ハゲが治るんなら、痛いとか、血が出るとか、そんなことはちっとも気にしないぞ!というのが本音です。
それどころか、注射を打たれて血が出て痛いのは、患者なのだから、遠慮なく打ってほしいもんです。
しかし、円形脱毛症をで、心身ともに疲れきっている当時の私には「先生、気にせず注射を打ってください」と頼む気力も無かったのです。
そして、その意味のないともいえる診察が終わり、帰り際に軟膏を渡されました。期待していた、フロジン液も貰えず、こんな効くのか効かないのかわからんような軟膏を貰っても、ちっとも嬉しくなかったのでした。

スポンサードリンク

 <  前の記事 円形脱毛症の治療で町の皮膚科へ行く話1  |  トップページ  |  次の記事 円形脱毛症の治療:町の皮膚科のある軟膏その1  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症:怒涛の治療記録」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

Sitemap