xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 円形脱毛症の治療:町の皮膚科のある軟膏その1 (円形脱毛症:怒涛の治療記録)

Top >  円形脱毛症の治療を考える >  円形脱毛症の治療:町の皮膚科のある軟膏その1

スポンサードリンク

円形脱毛症の治療:町の皮膚科のある軟膏その1

円形脱毛症の治療というよりは、フロジン液を得るために行った小さな皮膚科で処方された軟膏ですが、実はこれはそれなりに効いたかな・・・という実感がありました。
この軟膏のメリットとしては、フロジン液みたいに、サラサラの液体ではないクリームタイプなので、塗っても流れ落ちてこない点はとっても重宝しました。
多発性円形脱毛症患者である私にとっては、無駄なく効率的に頭のアチラコチラに点在する患部に塗れる所が良かったのです。たとえば、フロジン液のように塗るとすぐに、顔が熱くなったり心臓がバクバクするなど、いかにも全身で効いているぞ的な刺激はなかったので、そうゆう意味では、なんだかあまり塗り甲斐のないクリームだったような気がします。
しかし、塗った感じは、かなりマイルドで、ちょっと物足らないような感じなのですが、これもフロジンと同様に、2週間~1ヶ月ほど使用していると髪の毛が生えてきたのでした。

スポンサードリンク

 <  前の記事 円形脱毛症の治療で町の皮膚科へ行く話2  |  トップページ  |  次の記事 円形脱毛症の治療:町の皮膚科のある軟膏その2  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「円形脱毛症:怒涛の治療記録」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

Sitemap